ISAMU KATAYAMA BACKLASH BRITANIA 1356-08

  • 2018.11.24 Saturday

皆さん、こんにちは!

 

 

新作のダウンのご紹介です。

 

 

 

DSC_0095.JPG

 

 

DSC_0096.JPG

 

DSC_0097.JPG

 

DSC_0098.JPG

 

DSC_0099.JPG

 

DSC_0100.JPG

 

DSC_0101.JPG

 

 

着用モデル 身長:175cm 体重:65kg
 

 

 

 

WEAR:BRITANIA 1356-0

滑らかな肌触りしなやかなフィット性の反面、耐久性に特化したカンガルースキンを使用することにより、

薄く漉き軽量さの追求を行っても丈夫さをも実現。

更に時間をかけてオイルを浸透させたハリとコシを併せ持ったカンガルー革のみで実現可能な皮革になります。

点留めによって表現されたダイヤ状のステッチワークもカンガルー革ならではで構築可能なデザイン。

充填物には最高級ポーランド産ホワイトグースダウンを使用。ラフな着用感も確かな温かさを感じて頂ける

確かな防寒性、保温性は勿論、ダウン/アウターとして最上級を追求したプロダクション。

通常より約8cm着丈を長くして防寒性を高く仕上げた新型になります。

Mサイズ着用

 

 

 

 

 

 

WEAR:MAD SCIENTIST K759-02

WOOL70%+CASHMERE30%

これらの季節にとても重宝するニットになります。

Mサイズ着用

 

 

 

 

PANTS:DELTA BLUES

フロント面には国内屈指のタンナーにより仕上げられたホースレザーを使用。

バック面には滑らか且つ強い伸縮性により心地の良いフィット感を堪能頂けるコットンストレッチファブリックを使用。

同系色ながら大胆に異素材を採用することにより、レザーパンツとしての重厚感のある迫力を持ちつつも、

オールシーズンラフな感覚で着用可能なパンツに仕上がっています。
全体的にタイトフィットでシャープな脚線美を意識したタイトストレートシルエット。

ストレッチファブリックを活かしたスリムシルエットは、

製品元は少し窮屈な感覚も着用していくうちに心地の良いフィット感に変貌していきます。

フロント釦フライ、非常に軽やかな履き心地とは裏腹にインパクトのある一本です。

Mサイズ着用

 

 

 

 

 

 

 

 

SHOSE:TWILIGHT 623-01

純国産に拘り国内でも有数のタンナーによって仕上げられたカーフスエードレザーを採用。

ウェアにも用いることが可能な高いクオリティを通過した、

肌理の細かく滑らかな状態に染色を施工。

染め上がりも非常に綺麗な印象で高級感漂う雰囲気に仕上がっています。

着用を重ねる毎にアジのある熟れたヤレ感が表現され、擦れる箇所アタリが生まれた部分からは独特の光沢を放ち、

スエードレザー特有の存在感のある雰囲気が作り上げられていきます。
アッパー部の程良いボリューム感に対しシャフトをシャープに形成、

様々なシルエットのパンツとの相性がよく、多様なスタイルのコーディネートに汎用性の高い一足になります。

ソールにはビブラム社製ウェッジソールを採用。

軽量さと歩行性の高さをもたらしています。サイドジップ仕様によりスムーズな着脱を実現。

26cm着用 

 

 

 

 

 

 

NECKLACE:ROSARY

925製ロザリオネックレス。厚みのあるシルバークロスによる重厚な存在感を主体に、

フロント中心にレッドルビー、バックにはジルコニアと蜥蜴革を組み合わせています。

エレガントな雰囲気の中に気骨感のある男らしさを加えたデザイン。

ブランドを代表するアジのある男性の首元を支えるネックレスです。

 

 

 

 

 

 

 

ACCESSORY:JUN UEZONO

ハンドメイドアクセサリー職人"ジュンウエゾノ"とのコラボレーションコレクション。

マテリアルには純銀を使用。ゼロから仕上げに至るまで全ての工程を

ウエゾノ氏自身が手掛け制作されています。

※全ての作品が一点一点ハンドメイドによって制作されている為、

必ず個体差が生じます。予めご理解ご了承ください。

 

 

 

 

 

DSC_0085.JPG

 

DSC_0086.JPG

 

DSC_0087.JPG

 

DSC_0088.JPG

 

DSC_0089.JPG

 

DSC_0090.JPG

 

DSC_0091.JPG

 

DSC_0092.JPG

 

DSC_0093.JPG

 

 


コメント
コメントする